悪玉コレステロールのような悪い成分に対峙する|悪玉対峙健康侍

野菜不足を補う青汁

どの世代でも野菜不足

青汁

いつまでも健康でいたいというのは、すべての人の願いでしょう。健康のためには、十分な睡眠と程度な運動、そして栄養バランスのいい食事が必要不可欠です。しかし現代人の栄養バランスは、決していいものではありません。特に不足しているのが野菜です。1日に必要な野菜の量は350gと言われています。しかし現代人の野菜の摂取量は、どの世代でも350gに達していません。若い世代に比べ野菜の摂取量が多いと考えられる、高齢世代でも量が足りていないのです。これでは、いつまでも健康でいることに不安が生じてしまいます。 その不足している野菜の摂取量を補ってくれるのが、青汁です。青汁といえば苦いとの印象が強いですが、飲みやすいと口コミで評判の青汁があります。それはえがおの青汁です。

豊富な素材と飲みやすさ

えがおの青汁は、ほうれん草約5把分のビタミンB6に加え、ピーマン約27個分の葉酸がぎゅっと詰まっています。主原料は九州産の大麦若葉が使用されているほか、沖縄県の長命草、厳選された有機原料が10種類など、全部で24種類の健康素材が配合されています。 その厳選された健康素材の多さも口コミで評判になっていますが、さらに評判となっているのが、その飲みやすさです。青汁は苦いとの認識を覆すほどの飲みやすさは、子供も飲めるまろやかな味。また飲みやすいように微粉末加工されているため、水などに溶けやすくなめらかなのどごしであることも口コミで高い評価を得ています。溶けやすいため、飲むだけではなく料理に使えるのもえがおの青汁ならではです。 ただし、妊娠中や授乳中の方、乳幼児に対する飲用人試験は行われていないため、気になる方は飲用を避けたほうがいいかもしれません。 野菜不足の現代人にぴったりなえがおの青汁。口コミで評判の飲みやすさで、毎日おいしく続けられる青汁です。